金属塗装分野

 断熱型&放熱型セラミックコーティングの販売サイトはこちら

断熱型&放熱型セラミックコーティングを施工するのに必要な機材


ブラスト機

口径1.0~1.3の塗装ガン

断熱型&放熱型セラミックコーティングの施工方法

①脱脂

塗装作業と同様にアセトンやシンナーもしくは脱脂剤などで脱脂作業を行ってください。

②下処理

サンドブラストによるブラスト作業を行ってください。
素材にもよりますがアルミナでのサンドブラスト処理をすることをお勧めします。
アルミナの80番程度を使用してください。
塗装面全面にサンドブラスト作業をしてください。
サンドブラスト作業がしっかりできていないと剥がれる可能性が生じます。

③塗装

口径の大きな(推奨の口径1.0~1.3)の塗装ガンを使用し塗装してください。
口径の小さなガンで塗装しようとすると断熱型&放熱型セラミックコーティングに含まれる断熱材料や放熱材量がガン先に詰まる可能性があります。
薄く3回程度に分けて重ね塗りしてください。
重ね塗りの間隔は10分から15分程度空けて塗装してください。
推奨の塗装膜厚は100ミクロン程度です。

④乾燥

25℃程度の空間で 5日間程度 自然乾燥してください。
焼付炉等で急激に強制乾燥させると剥離の可能性が生じます。

ご不明な点は株式会社三陽お問い合わせフォームからお願いします 。

お問い合わせはこちら

断熱型&放熱型セラミックコーティングの安全衛生データシート(MSDS)はこちらから

 断熱型&放熱型セラミックコーティングの販売サイトはこちら

お問い合わせはこちらから

tel. 052-881-7857

受付:月~金 (9時~17時 担当:磯貝)