金属塗装分野

特殊金属塗装

塗料自体に機能をもったセラミックを主体としたコーティング剤を使用し塗装します。

このセラミックコーティングには様々な種類があり、

  • 7H~9Hの硬度を誇る一方、柔軟性の皮膜に耐摩耗、耐衝撃耐塩害、耐腐食、耐溶剤、耐薬品を備えるもの
  • 耐候性及び耐熱性能に優れたもの
  • 放熱性能(熱交換促進性能)を有するもの
  • 断熱性能(放射熱抑制性能)を有するもの
  • 潤滑性能(低フリクション性能)を有するもの
  • 絶縁性能を有するもの

と用途に適したコーティング剤を選ぶことが重要です。

断熱・放熱セラミックコーティング

塗料を塗るだけで断熱・放熱(熱交換促進)の効果をもたらす事が出来る
セラミックを成分とする塗料のコーティング

様々な応用分野が考えられます。

一例

熱風乾燥炉の温度を計ってみました。

弊社の塗装乾燥用 熱風乾燥炉の内部に断熱型セラミックコーティングを施工した板を配置。
板を取り付けてある所と、取り付けてないところの温度差は31.6℃にも及ぶ。

この断熱型セラミックコーティングをエキゾーストマニホールドや マフラーに使用しています。

一方、断熱型セラミックコーティングとは反対の性質を持つ放熱型セラミックコーティング(熱交換促進型セラミックコーティング)と言うものがあります。これをオイルクーラーやラジエーターに施工します。

断熱型セラミックコーティングと放熱型セラミックコーティングを適切に同時に使うとバイク水温で15℃~20℃程度の水温低下が見られます。

弊社がテクニカルサポートさせて頂いているTaira Promote Racing (株式会社TPFS)様が断熱型セラミックコーティングと放熱型セラミックコーティングをマシン各所に使用して頂きレースでの好結果に繋げて頂いていて2020年のTaira Promote Racing 様のタイトル獲得に大きく貢献させて頂きました。

お問い合わせはこちらから

tel. 052-881-7857

受付:月~金 (9時~17時 担当:磯貝)